デリヘルという仕事

世の中の女性のたくさんの人が、風俗関連の仕事に関わったことがあるといわれています(約1万店舗の性風俗店に一店舗当たり約30人の在籍として)。
これだけ働く女性がいるということは、それぞれに性風俗で働く理由があり、一概には言えないことかもしれません。
どんなデリヘル嬢でも人間です。
どんな客相手にもそれぞれの希望や願望を必ず叶えてあげられるわけではありません(プレイ内容にNGがある、ということではありません)。

私たち客側は「お金を払っている」という意識がありますから、いい効果が得られなかった場合に「どういうこと?」と疑問や怒りを覚えることもあると思います。
話を戻して、どんな理由で性風俗で働いているのか?調べていくと「シングルマザー」「軽度の精神疾患」「軽度の知的障害」こういったキーワードが出てきました。

特にシングルマザーに関しては約4割がそうという文献もあり、切っても切り離せない関係にあるといえます。
もちろん、単にエロいことをしたい!と思った時に、手軽に自宅に来てくれるデリヘルはうってつけです。
実は高学歴や高収入な人も、外に出歩いて利用すると、誰かに見られたりする危険性もあったりして、自宅にひっそりと呼べるデリヘルは人気があります。
お店型の場合はヤリたいと店に入ればすぐにプレイに入ってスッキリすることが出来ます(とはいえ指名によっては待ち時間がありますが…)。

移動時間を甘く見て、空いている時間に無理矢理シフトを詰め込み、結果的に後の時間がどんどんずれていく、というパターンがあります。